ホーム > 食べる > 旬の食材 > 春キャベツ


春キャベツ

サラダなど生食におすすめの
みずみずしい味わい

一年中店頭に並ぶキャベツですが、出まわる時季によって種類はいろいろ。「冬キャベツ」、「春キャベツ」、その間には「夏秋キャベツ」もあり、それぞれに違った味わいや食感を楽しめます。「春キャベツ」は「春玉」「新キャベツ」とも呼ばれ、やわらかくみずみずしい葉が特徴。サラダなどの生食はもちろん、サッと炒めたり蒸したりして、その食感を楽しみましょう。

選び方

巻きがゆるくふっくらとして、頭がとがっていないもの。葉の緑色が濃くつややかでハリのあるもの。芯(茎)の切り口が小さく新しいものを選びましょう。芯(茎)の切り口が大きかったり、葉脈が太いものは、加熱する料理に使うのがおすすめです。

保存

葉がやわらかくて薄いので、通常のキャベツよりも早めに使いきりましょう。少しずつ使う場合は、必要な分だけ葉をはがして使うのがおすすめ。保存する時には芯(茎)の部分をくり抜いて、そこに水を含ませたペーパータオルを詰め、保存袋かラップに包んで冷蔵庫の野菜室または日のあたらない涼しい場所で保存してください。

下処理

料理

やわらかいキャベツは、せん切りにして生で食べるのがおすすめです(サラダ、つけ合わせ、甘酢漬け、ピクルス)。また、炒め物(むきえびや豚肉などの具材といっしょに強火で手早くサッと炒めます)、お好み焼き(キャベツ焼き)、スープ煮、汁の実、ゆでて酢の物・和え物などにしてもおいしいです。
キャベツは部分(内外、葉芯)により栄養の偏りがあるので、1枚ずつはがして使うより、全体をまんべんなく使うようにすると良いでしょう。

栄養

ビタミンCが豊富で、特に芯(茎)と外葉に多く含まれます。胃腸の粘膜保護をたすけるビタミンU(キャベジン)も含みます。