ホーム > 食べる > 旬の食材 > 春キャベツ


春キャベツ

生食でも、サッと火を通してもOK
みずみずしい季節のごちそう

一年を通して手に入るキャベツですが、出まわる時季によって種類はさまざま。「春キャベツ」「冬キャベツ」、その間には「夏秋キャベツ」もあり、それぞれに異なる味わいや食感が楽しめます。
3〜5月頃に店頭に並ぶ「春キャベツ」は、秋に種をまいて春に収穫されたもの。ころんと丸い形で、ふんわりゆるく巻いているのが特徴です。内部まで黄緑色で、その葉は甘くみずみずしく、食感はやわらか。サラダなどの生食はもちろん、サッと炒めたり蒸したりして、その味わいを楽しみましょう。

選び方

巻きがゆるく、ふっくらとした形で頭の部分がとがっていないもの。葉の緑色が濃くつややかでハリのあるもの。芯(茎)の切り口が小さくてみずみずしいものを選びましょう。芯(茎)の切り口が大きかったり、葉脈が太いものは、加熱する料理に使うのがおすすめです。

栄養

ビタミンCが豊富で、特に芯(茎)と外葉に多く含まれます。胃腸の粘膜保護をたすけるビタミンU(キャベジン)も含みます。

保存

葉がやわらかくて薄いので、通常のキャベツよりも早めに使いきりましょう。少しずつ使う場合は、必要な分だけ葉をはがして使うのがおすすめ。
保存するときには芯(茎)の部分をくり抜いて、そこに水を含ませたペーパータオルを詰め、保存袋かラップに包んで、冷蔵庫の野菜室または陽のあたらない涼しい場所で保存してください。

料理の基本辞典