HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 全国食自慢 > 日本全国 初夏の味覚自慢


日本全国 初夏の味覚自慢

年も半ばを迎えると、自然の色は夏に向けて千変万化に移ろいます。
海、川、里、山のいずれの幸もさっぱりとした味になり、風味が豊かになります。それは旬味(ときあじ)と呼ばれ、季節の変わり目にだけ楽しめる繊細な味覚です。料理では、食材の持ち味を存分にいかせるように、味付けはできるだけシンプルにするのがいちばん。
旬の恵みを楽しく味わいながら体調を整え、暑い夏を乗り切れるスタミナをしっかりとつけましょう。

北海道

とうもろこしと豚肉のバター炒め

とうもろこしと豚肉の
バター炒め

北の大地の初夏の味といえば、とうもろこし。生ならではの贅沢な味わいにバターの風味で深めたコクが最高の味わいです。

関東

枝豆といかの炒め物

枝豆といかの炒め物

関東は日本有数の枝豆の産地。夏の味覚にかかせない枝豆は、ほのかな甘みがあり、風味もよくて栄養たっぷりです。

中部

焼きなす、水無月仕立て

焼きなす、
水無月仕立て

作り方はシンプルでも、野菜の持ち味がいちばんわかる料理です。酢を隠し味にして、すっきりとした味に仕上げます。

近畿

冷やし芋たこ

冷やし芋たこ

いもとたこは江戸時代から親しまれてきた組み合わせ。いつの世もかわらない味わいを、今風の涼味仕立てで召し上がれ。

九州

チャンポン風、冷やしそうめん

チャンポン風、
冷やしそうめん

冷やしそうめんが恋しくなる季節。簡単な食事もちょっぴり工夫して栄養豊かに、その涼味そのものが暑い季節のご馳走です。