HOME > 食べる > 旬の食材 > 春の豆(スナップえんどう・さやいんげん)


春の豆(スナップえんどう・さやいんげん)

パリッ!ポリッ!と歯ごたえ抜群
色鮮やかな姿で、食卓に春を届けます

●スナップえんどう

えんどう豆の未熟果であるグリーンピースをさやごと食べられるように改良した、アメリカ生まれの品種。肉厚で豆が大きく、食べごたえ満点で、独特の甘味と豊かな香りが特徴です。スナックえんどうと呼ばれることもありますが、農林水産省の統一名称は「スナップえんどう」。〝ポキンと折れる〟〝パチンと音をたてる〟という意味のsnap(スナップ)からついた名前で、英語でもsnap pea(スナップピー)と呼ばれています。

●さやいんげん

いんげん豆を若いうちに収穫して、さやごと食べるのが「さやいんげん」。いんげん豆の原産地は中央アメリカやメキシコですが、新大陸発見の際にヨーロッパに持ち込まれ、イタリア人によって若いさやごと食べられるようになりました。日本には、江戸時代に隠元禅師によってもたらされたことからこの名前に。また、収穫までの期間が短く、1年に3度収穫できることから「三度豆」とも呼ばれています。

選び方

ふっくらしていてハリがあり、傷やシワのないものがおすすめ。全体に色が濃く、先端までピンとしているものを選びましょう。

栄養

疲労回復や美肌に関係するといわれるβ-カロテン、ミネラル、ビタミン類、食物繊維を含みます。

保存

乾燥しないように保存袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存し、なるべく早く使いきりましょう。

料理の基本辞典