HOME > 食べる > 旬の食材 > さつまいも


さつまいも

料理やスイーツに大活躍の甘くておいしい人気者

「さつまいも」が日本に伝来したのは1600年頃。中国から琉球(今の沖縄)、琉球から薩摩(今の鹿児島)へと伝えられたことから、中国からきたいも「唐いも」や、中国名と同じ「甘藷(かんしょ)」とも呼ばれています。
やがて江戸幕府は、飢饉による食糧不足を解消する食材として「さつまいも」を奨励。その栽培法は蘭学者の青木昆陽によって全国に広められました。試作がおこなわれた千葉の幕張には、その後、昆陽神社が建てられ、昆陽は芋神さまとして祀られています。

選び方

両端があまり細くなく、凹凸のない、なめらかな形のもの。全体がかたくしまり、色ツヤがよく、皮がはげていないものを選びましょう。

栄養

食物繊維のほか、さつまいもにしか含まれないヤラピンという成分も。皮にはポリフェノールの一種、アントシアニンを含みます。

保存

13℃以下での保存は禁物。水気がつくと傷みやすくなるので、新聞紙などに包んで15℃前後の風通しのよい場所で保存しましょう。

料理の基本辞典