ホーム > 食べる > 料理の知恵袋 > お肉の教科書 > 鶏肉


鶏肉

鶏肉

部位によって形や味わい、食感に違いがある鶏肉。ジューシーな肉質、コクのある皮、うま味の出る骨など料理に合った部位を選んで、さまざまな味を楽しみましょう。部位ごとにおすすめレシピをご紹介しています。

鶏肉の部位

鶏肉の部位
むね肉

鶏の胸の部分。あまり動かさない部分なので、肉質はやわらか。もも肉とくらべて脂肪が少なく、淡泊な味わいの中にもほどよいうま味があります。ソテーや炒め物、蒸し物などに。

【むね肉を使ったレシピ】

蒸し鶏の黒酢風味サラダ

レタスで巻いて、野菜と一緒に召し上がれ

蒸し鶏の黒酢風味サラダ

鶏のごまダレ冷やし中華

レタスのシャキシャキ感がうれしい

鶏のごまダレ冷やし中華

ささみ

むね肉の内側にあり、牛や豚のヒレにあたる部分。形が笹の葉に似ていることからささみといいます。脂肪がほとんどなく、味わいは淡泊。蒸して和え物やサラダに。ソテーにも。

【ささみを使ったレシピ】
なすと棒棒鶏のサラダ

中華の定番おかずに、夏のひと工夫

なすと棒棒鶏のサラダ

もも肉

鶏の足からつけ根の部分。よく動かす部分なので肉質はかためですが、弾力があり、ほどよい脂肪があってうま味が濃厚です。ソテーや照り焼き、から揚げなどに。骨つきは煮込みや水炊きに向きます。

【もも肉を使ったレシピ】

ポテチから揚げ&かぶと揚げ

サクサク衣で、おいしくアレンジ

ポテチから揚げ&かぶと揚げ

おうちで焼き鳥!カラフル串焼き

鶏肉と野菜、2種類の串焼きでおいしさ2倍

おうちで焼き鳥!カラフル串焼き

手羽元・手羽先

鶏の翼の部分を手羽といい、つけ根に近い部分が手羽元、その先が手羽先です。手羽元は肉質がやわらかく、あっさり味。手羽先は脂肪やゼラチン質が多く、濃厚な味。手羽先の先端を除いたものは手羽中ともよばれます。

【手羽元・手羽先を使ったレシピ】

スープカレー

お肉も野菜も豪快に北海道スタイルで

スープカレー

手羽先とフルーツの煮物

オレンジ香る、絶品ダレでおいしく

手羽先とフルーツの煮物

その他の部位

軟骨

ひざはげんこつ、胸はやげんと呼ばれ、コリコリとした食感が楽しめます。

レバー・ハツ

レバーは肝臓、ハツは心臓。いっしょに売られていることが多いです。

砂肝

胃の筋肉で、コリコリとした歯ごたえがあります。内臓の中ではクセも少なめです。

鶏肉の下処理

●皮つきの場合は

フォークなどを使って皮に穴をあけておくと、加熱したときに縮みにくく味もしみこみやすいです。

●むね肉・もも肉は

厚い部分に包丁を入れて開き、厚みを均一にすると、加熱ムラが防げます。

●ささみは

白い筋を取り除いておくと、加熱したときに縮みにくくふっくら仕上がります。

健康に育った国産鶏 いきいき鶏

抗生物質・合成抗菌剤を使用せず、健康に育てた鶏肉です

安心・安全なおいしさを追求した、ダイエーの「いきいき鶏」。全国の指定農場のみなさまのご協力のもと、鶏舎の環境から餌の内容、健康管理まで、鶏の生育環境に関わるすべてのことを24時間体制で把握・管理し、いきいきと元気な鶏に育てあげました。抗生物質・合成抗菌剤は使用せず、専門検査機関でのチェックも3段階。厳しい管理基準に合格した、安心して食べていただける鶏肉です。

抗生物質・合成抗菌剤を使用せず、健康に育てた鶏肉です

くせがなくて上品な味わいの「いきいき鶏」にサラダチキンも登場

栄養バランスのとれた餌を与え、快適な飼育環境と適度な運動によって育てられた「いきいき鶏」は、淡泊でくせのない味わいが特長です。そのおいしさを生かして作られた新開発商品が「サラダチキン」。いきいき鶏のむね肉を原料に、塩・こしょう、鶏がらスープ、魚醤などを加え、塩分控えめに仕上げました。サラダはもちろん、オードブルや和え物など、幅広いお料理でお楽しみいただけます。

サラダチキン

いきいき鶏ラインナップ

いきいき鶏ラインナップ

おすすめレシピ

鶏の照り焼き

シンプルなのに、味わいジューシー

鶏の照り焼き

鶏もも肉の一枚揚げねぎソース

カリッと揚げて、ジューシーな味わい

【WEB限定レシピ】
鶏もも肉の一枚揚げねぎソース

バックナンバー