よい品をどんどん安く、より豊かな社会を

daiei

鯛の基本情報

鯛

桜が咲く頃のものは特に珍重され、「桜鯛」「花見鯛」という呼び名も。

「鯛」は漢字で魚へんに周と書きますが、この周の字には“あまねく(=もれなくすべて)”という意味があります。均整のとれた姿形であまねく調和が取れていること、日本周辺の海で1年中あまねく獲れること。また、古くからお祝いの席に用いられ、一族の繁栄を祝福していたことから、幸せをあまねく行き渡らせる魚という意味でこの漢字になったと考えられています。
「鯛」と名前のつく魚は200種以上もいますが、一般的に「鯛」といえば「真鯛」のこと。赤味をおびたカラダに青い斑点が点在する美しい姿が特徴で、淡泊ながらも適度に脂がのった豊かな味わいがあり、魚の王様とも称される魚です。“おめでたい”の語呂合わせでも人気で、お正月や結婚式、お食い初めなどのお祝いごとには欠かせません。大相撲では優勝力士の祝賀会でもおなじみ。10㎏級の立派な「鯛」を掲げる力士の姿はじつに絵になりますよね。

選び方

目が澄んでいて、全体に締まりがあり、表面に光沢とハリのあるもの。切り身は弾力があり、透明感のあるものを選びましょう。

栄養

良質なたんぱく質、ビタミンB1、B2を含みます。DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸も含みます。

料理

上品な味わいの白身で、和・洋・中のこだわりなく、さまざまな料理に使えます。あらの部分も骨蒸しやあら炊き、みそ汁などに使えて無駄なくいただけます。