HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > おいしい情報室 > 牛乳の話


牛乳の話

昔は薬用に用いられていた時代があるほど、栄養的にきわめて優れた食品である牛乳。牛乳には必須アミノ酸をもれなく含むたんぱく質、脂質、カルシウム、ビタミンA、B群、D、Eと健康を保つ上で必要な栄養素が数多く含まれています。その中でも一番の特徴はカルシウムを豊富に含んでいること。牛乳コップ1杯で1日に必要な約1/3量のカルシウムを取ることが出来ます。カルシウムは骨や歯を作る材料となるのはもちろん、神経の伝達にも影響し、カルシウムが不足すると、筋肉の収縮が悪くなったり、イライラして怒りっぽくなったりします。また、牛乳に含まれるカルシウムは体内に吸収されやすいので、カルシウムが不足気味の日本人にとって牛乳・乳製品は強い味方です。手軽に摂れて、1日の栄養バランスが良くなる牛乳・乳製品を積極的に摂るようにしましょう。

おすすめメニュー

春野菜もたっぷり

緑野菜のクリームパスタ

やさしい味と口あたり

とろとろ牛乳プリン