HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > おいしい情報室 > メタボリックシンドローム


メタボリックシンドローム

年々増加するメタボリックシンドロームの対策として、今年4月から「特定健康診査」と「特定保健指導」がスタートしました。メタボリックシンドロームは内臓脂肪が大きく関係しており、ウエストサイズが男性で85cm以上、女性で90cm以上といった基準値を超えていて、高血糖、高血圧、脂質異常の2つ以上を有している状態を示します。リスクが2つ以上重なると、掛算のように何倍にもなり、健康な人と比べて心臓病のリスクが数十倍に、そのほかにも命にかかわる重大な病気を引き起こしやすくなります。

メタボリックシンドロームを予防するには、まず標準体重を維持することです。一日の適正なエネルギー量を知り、適正な量の食事を摂るようにしましょう。低脂肪、低カロリーの食材を上手に利用することで、今までの食事と同じボリュームのものでも、エネルギーを控えることができます。野菜、海藻、きのこをはじめ、脂肪分の少ない肉や魚を積極的に料理に使用しましょう。また市販品でも低糖、低脂肪の商品が多く出回っていますから、それらも工夫して取り入れたりするのもよいでしょう。

おすすめレシピ

まぐろでヘルシーステーキ、
大粒ペッパーが大人の味わい

まぐろの和風ペッパーステーキ

腸を刺激し目覚めをよくする炭酸と
ヨーグルトの組み合わせは朝にピッタリ!

ヨーグルトスカッシュ

コーヒーに無脂肪乳をプラスして、
カロリーを気にせずにカルシウム補給

ヘルシーカフェラテ