HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > おいしい情報室 > 花粉症に備えよう


花粉症に備えよう

おいしい情報室

質問:スギ花粉が飛び始める2月頃になると、くしゃみが始まり、目もかゆく、鼻がつまって夜も眠れないほどです。
花粉の季節に向けて、なにか準備できることはないでしょうか?
回答:花粉症の場合、目や鼻などの粘膜、さらには体全体が健康でなければ、症状がひどくなる可能性が大きいといえます。症状が少しでも抑えられるようにまずは食事や睡眠などの生活習慣を見直して健康な体をつくり、花粉が飛び始めて症状がでる季節に今から備えましょう。

ワンポイントアドバイス

花粉症対策のために摂りたい食材

皮膚や粘膜を丈夫にし、炎症を起こしにくくするもの

n-3系の多価不飽和脂肪酸のDHAやIPA(EPA):さば、さんま、ぶり、はまち、いわしなどの青背の魚など

粘膜を潤して健康に保つもの

β-カロテン:にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、ほうれん草など

疲れにくい体を作るもの

ビタミンC: ブロッコリー、カリフラワー、菜の花、かぼちゃ、赤パプリカ、じゃがいも、さつまいもなど

腸内の環境をととのえて免疫力を高めるもの

乳酸菌:ヨーグルト、乳酸菌飲料など

おすすめメニュー

魚のオーブン焼き

焼き野菜とヨーグルトをソースがわりに

魚のオーブン焼き