HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > おいしい情報室 > 春休み、ランチを楽しく


春休み、ランチを楽しく

おいしい情報室

質問:春休みのお昼は麺類など、簡単で子どもが好きなものの繰り返しになってしまいます。
おいしくて手軽なお昼ご飯を教えて下さい。
回答:長いお休みは、子供にとって食を学ぶためのよいチャンスです。
献立作りにはじまり、お買い物、調理、配膳、片付けまで、ぜひ一緒に体験してみましょう。
自分で作った達成感から苦手なものもおいしくいただくことができますし、食材や、食費のこと、作る楽しみ、感謝の気持ちなど数え切れないほど多くのことを身につけることができます。

ワンポイントアドバイス

主菜、副菜、主食になる食材をバランス良く組み合わせて献立を考えましょう。

主菜:肉または魚介または卵または大豆製品など
(乳製品や小魚もOK)

副菜:緑黄色野菜、淡色野菜、きのこ、海藻など

主食:ご飯、麺類、いも類など

その他:果物

食材は彩りよく、味付けも工夫しましょう。

約束

肉(魚)を食べるときは必ず野菜(緑黄色野菜+淡色野菜)を組み合わせる。
(好きなものだけではダメ)

お肉の次の日は魚介や大豆製品、揚げ物の次は煮物など、 食材や調理方法を変えましょう。

最後には、ほめてあげることを忘れずに!

おすすめメニュー

ポークパティバーガー

大好きなバーガーには
忘れずに野菜をプラスしてね

ポークパティバーガー

牛乳リゾット

ビタミン、カルシウム等のミネラル
いろんな栄養たっぷりの一皿です

牛乳リゾット