HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 食事とカラダの話 > 歯と健康の関係を知りましょう


歯と健康の関係を知りましょう

食事とカラダの話

6月4日から10日は「歯の衛生週間」です。
歯は料理(食べ物)をおいしくいただき、食べ物の消化のために欠かせない器官です。
最近では歯や歯茎の不調が全身に及ぼす影響などが伝えられています。
歯から健康について見直してみませんか?

日常生活で気をつけること

バランスのとれた食事を心がけま しょう。

虫歯の原因菌が作る酸が歯を溶かします。この酸を薄める唾液を分泌させるためによく噛んで食べましょう。

いつまでも食べ物が口の中にあると、歯を溶かす酸を作り続けます。溶けた歯の表面を修復(再石灰化)させるために、だらだらと食べ続けることは避けましょう。

食後は歯を磨いて虫歯や歯周病などの原因菌の増殖を抑えましょう。

歯を守る食べ物

牛乳、チーズ、ヨーグルトなど、骨ごと食べられる小魚など

歯の土台となるあごの骨、歯の表面の修復(再石灰化)に必要なカルシウムを含みます。

卵、魚、肉、牛乳、大豆など

歯茎や粘膜を作るたんぱく質を含みます。

パプリカ、ブロッコリー、トマトなど

カルシウムの吸収を助けたり、歯茎や粘膜の形成に欠かせないビタミンCを含みます。

魚介類、きのこ類など

カルシウムの利用を高めるビタミンDを含みます。

もち米(おこわ)や玄米ご飯、切り干し大根(煮ていないもの)など

噛みごたえがある食感の食べ物をしっかりと噛んで唾液の分泌を促します。

ごぼうやにんじんなどの根菜類、えのきだけやしいたけなどのきのこ類

これらに含まれる食物繊維が歯とこすれあって、ブラッシング効果が得られます。

おすすめメニュー

和風ミルクシチュー

しっかり噛むとおいしさが広がる

和風ミルクシチュー

切り干し大根のカレー風味のホットドッグ

さわやかピクルス風の切り干し大根が美味!

切り干し大根のカレー風味のホットドッグ

しらすと切り干し大根のサラダ

カリカリしらすが香ばしい

しらすと切り干し大根のサラダ

七宝きんぴら

具だくさん、噛みごたえのあるきんぴら

七宝きんぴら