HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 食事とカラダの話 > 子どもの食事(夏休みの昼食)


子どもの食事(夏休みの昼食)

食事とカラダの話

待ちに待った夏休み、海水浴やキャンプなど沢山の計画を立てている方も多いでしょう。
せっかくの予定も体調不良では楽しみが半減しますね。
昼食を家庭で食べることが多い夏休みは、体調管理とお子様の成長に適した食事にしましょう。

日常生活で気をつけたいこと

欠食や過食につながる夜更かしや朝寝坊を避け、1日3食を規則正しく食べましょう。

胃腸の活動低下につながる冷たい飲み物や、食べすぎを避けましょう。

健康維持と成長のために、さまざまな食品を偏りなく組み合わせ、栄養バランスの良い献立にしましょう。

昼食の献立のポイント

主食活動に必要なエネルギーとなる炭水化物を豊富に含む食品を使いましょう。

ご飯、麺類、パンの他いも類など

主菜筋肉などカラダの成長に欠かせないたんぱく質を豊富に含む食品を主に使いましょう。

肉、魚介類、卵、大豆・大豆製品など

副菜体の調子を整えるビタミン類や食物繊維を豊富に含む食品を主に使いましょう。

緑黄色野菜、淡色野菜、きのこ類、海藻など

その他骨格の成長に欠かせないカルシウムを豊富に含む食品を使いましょう。

牛乳・乳製品など

間食ビタミン類や適度な水分を含む果物がおすすめです。

おすすめメニュー

焼そばランチ

子どもが喜ぶ夏休みの定番ランチ

焼そばランチ

コンビーフのホットサンドランチ

夏野菜でボリュームアップ

コンビーフのホットサンドランチ

切り干し大根のカレー風味のホットドッグ

さわやかピクルス風の切り干し大根が美味!

切り干し大根のカレー風味のホットドッグ

タコライス

スパイシーでどんどん食べられます

タコライス