HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 食事とカラダの話 > 内側からお肌を守る紫外線対策


内側からお肌を守る紫外線対策

食事とカラダの話

女性から敵対視されがちな紫外線には、骨の形成に不可欠なビタミンDの合成をたすけるなど利点もあるのですが、過度に浴びるとシミ、そばかす、シワなど皮膚の老化を促進させることも事実。
陽差しが強くなるこれからの季節は、カラダの内側からも紫外線に備えましょう。

外側から、紫外線を防御する

外出時は肌の露出を少なくし、UV対策の化粧品を使用しましょう。さらにUVカット効果のある帽子や日傘、サングラスなどを利用しましょう。

内側から、紫外線を防御する

睡眠や食事などをしっかりとって、規則正しい生活習慣をこころがけましょう。

積極的に摂りたい栄養・成分

ビタミンC

皮膚の張りや弾力に欠かせないコラーゲンの合成をたすけ、メラニン色素の生成を抑える。(パプリカ、ピーマン、キウイフルーツ、ブロッコリー、菜の花など)

たんぱく質

新しい皮膚や粘膜を作る。(肉、魚介類、卵、大豆・大豆製品など)

シスチン(システィン)

皮膚や毛髪の色素でシミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑える。(卵、かつお、豚レバー・牛レバー、大豆・大豆製品など)

β―カロテン

抗酸化作用により、紫外線の害から肌を守る。(かぼちゃ、春菊、菜の花、にんじん、にら、ほうれん草など)

ビタミンE

血行を促して酸素や栄養分をすみずみまで行きわたらせる。(大根の葉、かぼちゃ、赤パプリカ、アボカド、木の実、魚卵など)

おすすめメニュー

えんどうとパプリカの卵とじ

美肌のために、野菜と卵

えんどうとパプリカの卵とじ

かつおと菜の花のステーキ

さっぱりダレで、ヘルシーに

かつおと菜の花のステーキ