HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 食事とカラダの話 > 熱中症を予防しよう


熱中症を予防しよう

食事とカラダの話

昨年の夏は記録的な猛暑で、話題にのぼることも多かった「熱中症」。
これは直射日光の下や高温多湿の室内でおこる、脱水や高温によって生じる症状の総称です。
今年は消費電力を抑える目的のため、エアコンの利用も控える傾向にあります。
充分に注意して、この夏を乗りきりましょう。

日常生活で気をつけたいこと

直射日光を防いで高温多湿を避け、風通しの良い場所で過ごしましょう。

疲労回復のために充分な睡眠をとりましょう。

発汗で失われた水分やミネラルをこまめに補給しましょう。

運動や就寝の前には、胃腸の負担にならない程度にできるだけ多く水分を摂りましょう。

朝食をきちんと摂って、水分不足と体調不良を防ぎましょう。

積極的に摂りたい栄養・成分

カラダは約60%が水分で構成され、血液や皮膚、内臓などの細胞間に存在します。また、体内で栄養分を運んだり、老廃物の排泄や体温調節などにも欠かせないものです。

カリウム

ナトリウムとの相互作用で、水分の保持を助けます。
(野菜、果物、豆類など)

ナトリウムと塩素

水分の吸収や保持を助けます。
(食塩、魚介類、加工食品など)

糖質

水分の吸収を助けます。
(砂糖、はちみつ、果物、野菜、いも類、牛乳・ヨーグルト・チーズ、穀類など)

おすすめメニュー

ゴロゴロフルーツヨーグルト

暑い季節にうれしいヘルシーなおやつ

ゴロゴロフルーツヨーグルト

食べる洋風冷や汁

ひんやりスープで野菜をたっぷり

食べる洋風冷や汁