HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 食事相談Q&A > 日本食を見直そう


日本食を見直そう

毎日の食事で健康に!食事相談Q&A 管理栄養士によるミールカウンセリング

質問:最近よく日本食は健康によいと耳にしますが、どのようなものを取ればよいですか?
また、なぜ体によいのですか?
回答:日本食は特別なものではなく、普段から食べている献立のこと。
栄養バランスが良く、昔ながらの食材は健康効果が高いので、日本食が見直されています。

ワンポイントアドバイス

炊きたてのご飯に味噌汁。日本人に生まれてよかったと思える光景です。時代が移り変わっても、ご飯と味噌汁の組み合わせは誰もがほっとするものでしょう。
主食は米、小麦、大麦、そば、あわ、ひえなどの雑穀、いも類、主菜は魚、大豆製品など。もともと、日本人は肉類を食べる事が少なく、たんぱく質は魚や豆などから取っていたと言われております。
副菜は旬の野菜を中心に、海藻や乾物など。梅干しやぬか漬けも欠かせません。この組み合わせは、日本人が長年引き継いできた、伝統的な食事の形で、この食事が世界一の長寿国を誕生させた最大の要因と言われています。

しかし、食生活の変化にともない、動物性たんぱく質や脂質の摂取量の増加と、食物繊維などの摂取量の減少で栄養バランスが崩れてきたことが原因とされる、糖尿病などの生活習慣病にかかる人が年々増加傾向にあります。

よく「バランスの取れた食事」といわれますが、それは特別なものではなく、ご飯、味噌汁、焼き魚、お浸しといったごく平凡な献立のことです。身体に優しく、旬の素材で季節の味、香り、色彩を感じてホッと和む心にもやさしい日本食を改めて見直してみませんか。

伝統的な日本食の食材

玄米は食物繊維が精白米に比べて多く、ビタミンB1も多く含まれる。

雑穀

(大麦、あわ、ひえ、きび、そばなど)
小麦、米よりたんぱく質が豊富で、ビタミンやミネラル、食物繊維なども多く含む。

魚貝類

良質のたんぱく質。青背の魚は多価不飽和脂肪酸のDHA、IPAを含む。

大豆、大豆製品

(味噌、しょうゆ、豆腐、納豆、豆乳)
良質のたんぱく質、ビタミンB群が多い。食物繊維、カルシウム、イソフラボンも。

海藻類

カルシウム、カリウム、鉄分などのミネラルの宝庫。また食物繊維も豊富。

野菜類

ビタミン、ミネラル、食物繊維を含む。旬のものは栄養価が高く、美味。

漬物

食欲を促し消化液の分泌を活発に。ぬか漬けの乳酸菌は腸内環境を整える。

おすすめレシピ

鮭の南部焼き

ごまの風味に舌鼓

切り干し大根の煮物

自然のうまみがたっぷり

豆腐ドレッシングのサラダ

白和え風の新感覚のサラダです

POINT1

主菜(鮭:体作り・代謝促進)

副菜(1)(切り干し大根:整腸作用・骨を作る)

副菜(2)(里いも・オクラ・わかめ:整腸作用、ごま:骨を作る)