HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 食事相談Q&A > 免疫力を高めて元気になる食事


免疫力を高めて元気になる食事

毎日の食事で健康に!食事相談Q&A 管理栄養士によるミールカウンセリング

質問:寒くなると風邪などで体調を崩してしまいます。
風邪に負けないために、免疫力を高めるにはどのような食事をすればよいのでしょうか?
回答:免疫機能で重要なのが、鼻やのどなどのように外界と接している場所です。
簡単にウイルスに侵入されないように、粘膜を丈夫にするビタミンをしっかりと取りましょう。

ワンポイントアドバイス

よく風邪をひいてしまう人、何年もひいていないという人、この差は免疫力の違いから来ています。疫(病気)を免れると書いて免疫。細胞やウイルスなどから自分の体を守る仕組みで、体はさまざまな工夫をこらして体内に外敵を入れないようにし、侵入されてもすぐに攻撃できる態勢を整えています。

免疫機能は外界と接している皮膚や、鼻やのど、消化器管などの粘膜における働きが重要で、低下すると外敵が簡単に体内に侵入してしまうことに。皮膚や粘膜、免疫細胞の構成成分であるたんぱく質や、粘膜を正常に保ち感染症を予防するビタミンA、免疫細胞を増やし、活性化させるビタミンCをしっかりと摂りましょう。特に栄養素を吸収している腸は全身の免疫システムの重要拠点。善玉菌は外敵を退治し、免疫細胞が働きやすいように、環境を整えています。ヨーグルトなどで善玉菌を取り入れ、腸内環境を美化する食物繊維などを補って腸を元気に保つことも大切です。

これから空気が乾燥し、細菌やインフルエンザウイルスが増える季節。免疫力をアップさせて病気に負けない体を作りましょう。

免疫力を高めるメニュー

主菜&副菜、お好みの組み合わせで、バランスのよい献立をどうぞ。

相性ばっちり豚とねぎみそ

豚肉のねぎみそはさみ焼き

湯豆腐が大変身

煮やっこのピリ辛納豆ダレ

おすすめレシピ

まぐろ納豆・柚子ドレッシング

味わい新鮮

ブロッコリーのごま和え

食べあきないおいしさ

まいたけと野菜のみそ汁

冬にそなえた栄養補給

POINT1

主菜
(まぐろ:体作り・たんぱく質の代謝促進納豆:体作り・皮膚や粘膜の維持)

副菜(ブロッコリー:血行促進・抗酸化)

副菜(汁)
(まいたけ:皮膚や粘膜の維持にんじん、ほうれん草:抗酸化)