HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 食事相談Q&A > 牛乳をとろう


牛乳をとろう

毎日の食事で健康に!食事相談Q&A 管理栄養士によるミールカウンセリング

質問:牛乳は完璧な栄養ドリンクと聞きましたが、どんな栄養素が含まれているのですか?(20代女性)
回答:乳製品は良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルが豊富で栄養的に優れた食品です。
毎日、しっかりと摂取しましょう。

ワンポイントアドバイス

昔は薬用に用いられていた時代があるほど、栄養的にきわめて優れた食品である乳製品。
乳製品には必須アミノ酸を豊富に含むたんぱく質、脂質、カルシウム、ビタミンA、B群、D、Eと健康を保つ上で必要な栄養素がバランスよく含まれています。
さらに、ヨーグルトは腸内で善玉菌を増やす働きのある乳酸菌を含むので整腸作用に大変効果的です。

様々な健康によい働きがある乳製品ですが、一番の特徴はカルシウムを豊富に含んでいること。
牛乳コップ1杯で1日の1/3のカルシウムを取ることが出来ます。
カルシウムは骨や歯を作る材料となるのはもちろん、神経の伝達にも影響があり、カルシウムが不足すると、筋肉の収縮が悪くなったり、イライラし怒りっぽくなる原因になります。
また、乳製品に含まれるカルシウムは体内に吸収されやすいので、カルシウム不足気味の日本人にとって、乳製品は強い味方なのです。

乳製品を取るだけで、1日の栄養バランスが簡単に改善されるので、積極的に食事に取り入れましょう。

おすすめレシピ

パイシチュー

POINT1

牛乳と野菜を組み合わせると、牛乳に唯一含まれていないビタミンCが補え、さらにバランスがよくなります。

POINT2

普段、食べなれているホワイトシチューもひと手間かけることで、おもてなしのパーティー料理に。