HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 食事相談Q&A > コレステロールを抑えましょう


コレステロールを抑えましょう

毎日の食事で健康に!食事相談Q&A 管理栄養士によるミールカウンセリング

質問:コレステロール値が高いのですが、症状がないので、つい気をつけるのを忘れてしまいます。
どんな食事を心がければいいのですか?(40代男性)
回答:コレステロールが高くても、自覚症状はほとんどありません。
しかし放っておくと動脈硬化が進行し、狭心症や心筋梗塞を起こす確率が高くなります。食生活を見直しましょう。

ワンポイントアドバイス

体内でも生成され、生きていくために不可欠(細胞膜を維持するなど、重要な役割を持つ)なコレステロールですが、食事で摂り過ぎて血液中に過剰になると、動脈硬化を引き起こす原因にも。食事では下図の7点に気を配り、日常生活の中で意識して体を動かしたり、適度な運動をして悪い生活習慣を改善し、血液サラサラを目指しましょう。

コレステロールカット!!
検査値を書き入れてみましょう 甘いもの、アルコール、たばこは控えるエネルギーや脂肪を摂り過ぎない コレステロールの多い食品を控える(1日300mg以下) 食物繊維を充分に摂る(1日20~25gを目標に)抗酸化食品といわれるビタミンC、E、β-カロテンの多い緑黄色野菜、いも類、豆類などを摂る 青背の魚を摂る(とくに旬のあじはおすすめ)調理の油は植物性のものを控えめに使う

おすすめレシピ

切り昆布の炒め煮

POINT1

海藻類は食物繊維が豊富で低エネルギー。ぬめり成分アルギン酸、フコイダンは腸内で溶けてコレステロール、糖質、脂質などを包み込み、吸収を抑制したり、余分なものは体外に排出してくれます。

POINT2

緑黄色野菜のにんじん、食物繊維が豊富で低エネルギーなこんにゃく、干ししいたけを加えてより効果的に。作りおきできるお総菜です。