HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 食事相談Q&A > 花粉症予防


花粉症予防

毎日の食事で健康に!食事相談Q&A 管理栄養士によるミールカウンセリング

質問:花粉症が毎年ひどくて悩んでいます。なにか予防する方法はないでしょうか?
回答:バランスのよい食事を心がけ、花粉症に効果的といわれる食材を取り入れましょう。
生活習慣を見直すことも大切です。

ワンポイントアドバイス

暖かい春が来るのは嬉しいですが、花粉が飛び始めるこの季節は花粉症の方にとってつらい日々の始まりではないでしょうか。花粉症の予防には花粉を排除することはもちろんですが、生活習慣の見直しで花粉症をある程度抑えることが出来ます。

生活習慣の中で特に重要なのが食生活。焼肉のような高脂肪の料理や、加工食品、添加物、野菜不足などは症状を悪化させるので、そのような食材はなるべく避け、バランスよい食事を心がけましょう。また、花粉症は免疫機能が乱れている状態なので、免疫機能を正常にする食材を取ることもおすすめです。サバやマグロなどの青背の魚に含まれるDHAやIPA(EPA)は免疫機能を正常にしてアレルギー症状を抑える働きがあると言われています。腸は免疫機能の要となる重要な場所なので、腸内環境を整えるヨーグルトもおすすめです。その他、緑茶に含まれるカテキンやしそに含まれるポリフェノールなどもよいと言われています。どれも、花粉が飛び始めて症状が出てからではなく、その前からの対策が有効です。

花粉症を予防するための生活ポイント

1. 生活リズムを整える

睡眠、食事の時間が不規則だと自律神経が乱れて免疫機能が正常に働かなくなるなどの支障が出てきます。

2. ストレスをためない

ストレスも免疫機能を乱す原因となります。ミントなどのハーブは花粉症の症状をやわらげてくれる他、リラックス効果もあるのでおすすめです。

3. 花粉の飛散状況をチェック

テレビなどで花粉の飛散状況をチェックして多い日はなるべく外出や窓を開けるのを控えましょう。

4. 花粉を寄せ付けない

外出時には花粉対策用のメガネやマスクを着用しましょう。またレインコートなど表面がツルツルした素材は花粉の付着を防げます。室内に入るときはコートなどは玄関で脱いでよく花粉を払いましょう。

5. 室内をきれいに保つ

毎日掃除を行い、花粉やハウスダストを除去しましょう。空気が乾燥すると花粉が舞いやすくなり、鼻や咽喉も乾燥してしまうので加湿器などで室内の湿度を保ちましょう。

おすすめレシピ

さばのトマト煮

POINT1

トマトに含まれるリコピンも花粉症の症状を和らげると言われています。

POINT2

パスタと絡めてもおいしくいただけます。