HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 食事相談Q&A > メタボリックシンドローム(2)


メタボリックシンドローム(2)

毎日の食事で健康に!食事相談Q&A 管理栄養士によるミールカウンセリング

質問:2008年4月より、特定健診が始まると聞きました。
健診の内容とはどのようなものなのでしょうか。
回答:今までの健診と比べて、さらにきめ細かい対応が出来るようになっており、
病気の早期発見、予防に力を入れています。

ワンポイントアドバイス

特定検診、特定保健指導という言葉を最近よく耳にするようになりました。これは年々増え続けているメタボリックシンドロームに対する対策で、2008年の4月より実施されます。この健診は病気の人を見つけるのではなく、これから病気になりそうな人を見つけ出し、早期に対応をするという意味合いが大きく、今までの健診とは違う特徴があります。

まず、この健診の対象者は40~74歳の被保険者とその扶養家族も対象となり、今まで対象となっていなかった配偶者や家族も含まれています。健康保険に入っていない人は市区町村が行う基本健診を受けることが出来ましたが、任意なので実際は健診漏れが多いのが現状でした。この漏れをなくすことで、さらに多くの人が対象となり、病気の予防、早期発見が出来るようになります。

もう1つの特徴は、問題があった人には特定保健指導という検査の後のケアがあるということです。まず、腹囲のサイズ、BMI(体格指数)で内臓脂肪の蓄積を判定し、さらに血液検査で異常があった場合には、リスクに合わせた特定保健指導が実施され、医師や保健士、管理栄養士などによる栄養指導や運動の指導が行われます。これまでの検査では異常があった場合は要再検査という通知が来るだけで、その後のケアはありませんでしたが、特定保健指導を受けることで、その後の生活習慣などの改善につなげることが出来るのです。

ステップ1 内臓脂肪の蓄積や肥満のリスクを判定する

A → 男性:腹囲85cm以上、女性:腹囲90cm以上

B → 男性:腹囲85cm未満、女性:腹囲90cm未満 かつ BMI25以上

ステップ2 血液検査からリスクを判定する

1. 血糖
  • 空腹時血糖 100mg/dl以上
  • HbA1c 5.2%以上
  • 薬剤治療を受けている
2. 脂質
  • 中性脂肪 150mg/dl以上
  • HDLコレステロール 40mg/dl未満
  • 薬剤治療を受けている
3. 血圧
  • 収縮期 130mmHg以上
  • 拡張期 85mmHg以上
  • 薬剤治療を受けている
4. 質問票
  • 喫煙歴あり
    (1~3のリスクが1つ以上あてはまる場合にカウント)

ステップ3 リスクから保健指導の内容を決める

ステップ(1)でAの場合

ステップ(2):1~4で該当するものが
2項目以上 → 積極的支援
1項目 → 動機付け支援
0 → 情報提供

ステップ(1)でBの場合

ステップ(2):1~4で該当するものが
3項目以上 → 積極的支援
1または2項目 → 動機付け支援
0 → 情報提供

おすすめレシピ

ベジ豚ロール

POINT1

脂身が少ないとぱさつきがちなお肉ですが、薄切り肉を使用し、野菜を巻くことで、ジューシーにおいしくいただけます。

POINT2

お肉の分量が少なくても、野菜でボリュームを出すことで満足感がアップします。

POINT3

野菜はお好きなものをお好みで。歯ごたえのあるものを混ぜると食べ応えが出ます。