よい品をどんどん安く、より豊かな社会を

daiei

新玉ねぎの基本情報

新玉ねぎ

3〜4月に出荷される、「玉ねぎ」の早生種が「新玉ねぎ」。みずみずしくて甘味たっぷり、この時季だけのおいしさです。

通常の「玉ねぎ」は日持ちをよくするために1か月ほど乾燥させてから出荷しますが、「新玉ねぎ」はこれをせず、すぐに出荷しています。そのため、皮は茶色ではなく白っぽいまま。やや扁平な形をしていて、水分を多く含んでいるのが特徴で、みずみずしくやわらかい食感と独特の甘味を楽しめます。

選び方

一番外側の皮がよく乾燥していて、弾力とツヤがあるものがおすすめ。また、首の部分がよく締まり、表面が白すぎないものを選びましょう。

栄養

血液をサラサラにする働きがあるといわれる硫化アリルを含んでいます。硫化アリルは熱に弱いため、新玉ねぎは生で食べるのがおすすめです。

料理

生食に向いているため、薄切りにしてサラダや酢の物などに。まるごと蒸したり、オーブンで焼いたり、厚めの輪切りにしてステーキやフライ、天ぷらなどにしても、みずみずしいおいしさを楽しめます。

保存

やわらかい皮に包まれているため湿気を嫌います。なるべく早く使いきるのが望ましいですが、常温で保存する場合は1個ずつペーパータオルなどに包んで冷暗所で保存しましょう。冷蔵庫に入れる場合は野菜室ではなく冷蔵室で、同様に包んで保存します。

料理の基本辞典