HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > おいしい情報室 > 夏の疲労回復


夏の疲労回復

季節が夏から秋に移り変わる9月頃になると、朝と夜の気温差が大きくなるので、体が温度の変化についていけなかったり、夏の疲れがどっと出て体調を崩してしまうという人が多く見られます。

たんぱく質が不足すると疲れやすく、体力が低下する原因となるので、夏に疲れた体を癒すために、肉や魚、大豆製品などを摂りましょう。さらにモツにはコラーゲンも含まれます。また、たんぱく質、カルシウムが豊富な乳製品は、料理に少しプラスするだけでも、ぐんと栄養バランスが整うので、いろいろな料理にプラスしましょう。

また、夏の紫外線でダメージを受けたお肌の為にコラーゲンの生成や美白に欠かせないビタミンCもしっかり摂りましょう。かぼちゃやさつまいもにはビタミンCが多く含まれ、さらに、加熱による損失が少ないので効率よく摂取でき、おすすめです。

おいしく食べて夏の疲れを回復し、これからの季節に向けての体力を貯えましょう。

おすすめレシピ

野菜たっぷりがうれしい手軽なスタミナ料理

こてっちゃんビビンバ

さっぱりした甘み、デザート感覚のサラダです

かぼちゃとさつまいものヨーグルトサラダ