HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 食事とカラダの話 > 忘年会シーズンを元気に乗り切る


忘年会シーズンを元気に乗り切る

食事とカラダの話

クリスマスパーティーに忘年会と、お酒を飲む機会も多くなる時期。
適量のお酒は気持ちをなごませ、料理の味もひき立ててくれます。
でも、二日酔いや胃もたれは、その先の予定を台無しにしてしまうことも。
適量を守っておいしくいただき、楽しい時間を過ごしましょう。

お酒に関連して気をつけたいこと

アルコールの急激な吸収につながる空腹時の飲酒や一気飲みを避けましょう。

暴飲暴食、深夜の飲食は控えましょう。消化とアルコールの分解に負担がかかります。

1週間に2日はお酒を飲まない「休肝日」を作りましょう。

飲酒後はたっぷりと水分補給をしましょう。

積極的に摂りたい栄養・成分

良質なたんぱく質

アルコールを分解する肝臓の細胞の再生を助けたり、アルコールの分解酵素の働きを高めます。
卵、肉類、魚介類、牛乳、大豆・大豆製品など

食物繊維

飲酒直前や飲酒中に食べると効果的、アルコールの急激な吸収を抑えます。
豆類、きのこ類、海藻類など

ビタミンC

アルコールの分解過程で生じるアセトアルデヒドの分解を助けます。
柿、赤・黄パプリカ、ブロッコリー、水菜など

ムチン

胃酸の分泌を抑えたり、胃の粘膜を保護します。
里いも、オクラ、山いも、長いもなど

ビタミンU(キャベジン)

胃酸の分泌を抑えたり、胃の粘膜の修復を助けます。
キャベツ、レタス、セロリなど

おすすめメニュー

ベジタブルミルクスープ

お酒の前におすすめです

ベジタブルミルクスープ

里いもとキャベツのサラダ

おなかを守る組み合わせ

里いもとキャベツのサラダ