HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 食事相談Q&A > 日本の健康食、お米


日本の健康食、お米

毎日の食事で健康に!食事相談Q&A 管理栄養士によるミールカウンセリング

質問:いつも何気なく食べているお米ですが、健康によいと聞きました。
どのような栄養があるのか教えてください。
回答:お米は重要なエネルギー源です。
また、ご飯を中心に組み立てるとバランスよく献立を立てることが出来ます。

ワンポイントアドバイス

秋になると田んぼが黄金色に輝き、新米の季節の到来です。お米を主食とする私たちにとって、新米は嬉しい季節の便りですね。

小さい米粒の中には、私たちに必要な栄養素がしっかりと詰まっています。
お米の約7割が炭水化物。脳や神経系などは炭水化物からできるブドウ糖をエネルギー源としていますが、ブドウ糖は蓄えることが出来ず、不足すると脳の働きがにぶり、集中力などが低下してしまいます。お米に含まれる炭水化物のでんぷんはブドウ糖が数多くつながったもの。長時間にわたって血中にブドウ糖を供給できるので、エネルギー源として必要不可欠なものです。
そのほか、たんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維も含有量はそれほど多くはありませんが含まれています。
ご飯は食べる回数が多いので、結果的に摂取量が増え、供給源として役立ちます。(また、果物などに含まれる果糖や砂糖などより、でんぷんのほうが血糖の上昇がゆるやかです。)

日本の伝統的な献立の形、一汁三菜はご飯があって初めて成り立つもの。ご飯の味わいは様々な料理を引き立ててくれるので、ご飯を主食とし、いろいろな食材と組み合わせてバランスよく献立を立てることが出来る日本食は、世界に誇ることが出来る健康食です。

ご飯がすすむ、おいしさいろいろ。

いかの旨みが大根に含まれた

いかと大根の煮物

ピリッと旨いご飯のおかず

麻婆茄子

きのこと根菜をたっぷり食べる

秋の炒り鶏

おすすめレシピ

なすの山かけ

さっぱりしょうが風味

簡単豚肉のみそ漬け

作り方簡単、味は本格派

豆腐のすまし汁

食べ飽きない味わい

POINT1

主菜
(豚肉:代謝促進・疲労回復・体作り
かぼちゃ:抵抗力・血行促進)

副菜(長いも:デンプンの消化促進)

副菜(汁)(春菊:抵抗力)