HOME > 食べる > 料理の知恵袋 > 食事とカラダの話 > 風邪をひきにくい体づくりを


風邪をひきにくい体づくりを

食事とカラダの話

風が冷たく感じられる季節になりました。
これからは気温が下がって空気が乾燥し、風邪の原因となる多くのウイルスが空気中に飛びやすく、感染しやすい環境に。
でも、体力が充分にあれば、たとえ感染しても症状が軽く回復も早いものです。
年末に向かって忙しくなる時期、充分な体力作りで元気に乗り切りましょう!

日常生活で気をつけること

手洗いとうがいをこまめにしましょう。

充分な睡眠をとりましょう。

胃腸に負担がかかる暴飲暴食を控え、1日3食を規則正しく食べて栄養補給をしましょう。

積極的に摂りたい栄養・成分

良質のたんぱく質

呼吸器や消化器などの粘膜、皮膚など体を作る。
卵、肉類、魚介類、大豆・大豆製品など

ビタミンB1

代謝に関係し、疲労回復や細胞の再生を助ける。
豚肉、きのこ類、うなぎの蒲焼、玄米、豆類など

ビタミンA(レチノール、カロテン)
ビタミンE

粘膜を潤して健康に保つ。
にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、うなぎの蒲焼など

ビタミンC

体の中のコラーゲンの生成を助ける。
黄・赤パプリカ、ピーマン、ブロッコリー、柿、柚子の皮、キウイフルーツなど

亜鉛

粘膜などの組織の新陳代謝を助ける。
牡蠣、卵黄、牛肉など

乳酸菌・納豆菌

腸内環境を整えて抵抗力を高める。
ヨーグルト、納豆

おすすめメニュー

牡蠣たま煮込みうどん

とろとろ卵で、からだポカポカ

牡蠣たま煮込みうどん

豚しゃぶ・トマトダレ

トマトの酸味がさわやか

豚しゃぶ・トマトダレ