HOME > 食べる > 旬の食材 > するめいか


するめいか

ほのかな甘味と、独特のしこしこ食感
古くから日本人に愛される海の幸

日本列島を取り巻くように、群れを作って回遊している「するめいか」。墨を吐き、群れをなすことから、〝墨群(すみめ、すみむれ)〟が転じてこの名がついたのだといわれています。地域によっては「夏いか」、「真いか」、「むぎいか」などの名でも呼ばれており、日本各地で親しまれている海の幸です。
さまざまな調理法で、味つけで、多彩なおいしさを味わえる「するめいか」。内臓(わた)を使った塩辛や、墨を使ったパスタソースなど、1匹まるごと余すところなく堪能できるのも魅力です。
また、「するめいか」といえば干物もおなじみ。平安時代の「延喜式」という書物にも、朝廷への貢ぎ物としてその名が記されているほど、長い歴史をもつ縁起のよい食材です。もちろん現代でも、「するめいか」の干物はお正月や婚礼などのお祝いごとに欠かすことができないもの。婚礼の際には〝するめ〟を当て字で〝寿留女〟とも書き、花嫁が永く留まってくれるようにと願いをこめています。

選び方

胴は黒褐色でツヤと透明感があり、全体的に引き締まっているもの。目はくっきりと黒く盛りあがっていて、輝きがあるものを選びましょう。

栄養

たんぱく質を含む、低脂肪の食材です。コレステロールの消費を助けるタウリンのほか、EPA、DHAも含まれます。

料理

焼き物、煮物、炒め物、揚げ物など、和・洋・中のさまざまな料理に利用できます。

料理の基本辞典